Allergy

HOME > 食物アレルギー対応ポリシー

食物アレルギー対応ポリシー

1.目的

当社は、お客様の安全を最優先とし、適切な食物アレルギー対応の重要性を認識した上でお料理を安全に召し上がっていただくために「食物アレルギー対応ポリシー」を定めます。

2.食物アレルギーについて

  • 食物アレルギーとは、食物を食べたり、触ったり、吸い込んだりした時に身体を守るはずの免疫システムが過剰に反応して、身体にとって有害な症状が引き起こされることを言います。
  • 食品表示法で定められているアレルゲン(特定原材料7品目及び特定原材料に準ずる20品目)が原材料に含まれている場合、表示義務又は表示の推奨が定められています。
    ※(表示義務)卵、乳、小麦、そば、落花生、えび、かに
    ※(表示推奨)鮑、いか、いくら、さけ、さば、牛肉、豚肉、鶏肉、オレンジ、りんご、バナナ、キウイ、もも、大豆、ごま、カシューナッツ、くるみ、山芋、松茸、ゼラチン

3.弊社の基本的な考え方

食物アレルギーをお持ちのお客様への提供にあたりましては、アンケート情報を基にお客様の安全を基本方針としておりますが、次の事項について予めご了承ください。

  • 食物アレルギー対応の食事を提供する場合、特定原材料7品目及び特定原材料に準ずる20品目を除去することを原則とします。
    それ以外の食材に関するアレルギーについては、個別に相談させていただきます。
  • 当社では同一厨房で様々な食材を使用しており、また調理器具につきましても食材毎に専用のものは使用しておりません。
    このためアレルゲン食材が微量に混入する可能性が考えられ、完全除去は出来かねる点をご了承ください。

4.アンケートご記入のお願い

アレルギーを含む特別食対応をお申し出のお客様に対してアンケートのご記入をお願い致します。
以前ご提出いただいたお客様につきましても、情報の更新・修正を目的として、クルーズお申し込みの際に、改めてアンケートのご記入をお願い致します。

以上
平成29年12月制定
日本クルーズ客船株式会社